CO-店主のヴィンテージボタンや日々のあれこれ。
by co-button
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ホリデーin 台湾 3日目あれこれ。
d0033350_1361212.jpg台北の街中は、テレビでも見るように、原付バイクがもの凄い数で(その分自転車は殆どみかけず・・・)、バイクの走る音で溢れていました。少し、歩きつかれたので、旅の楽しみマッサージを受けようと言うことになり、幾つかのマッサージ店を外から覗きこむと、ソノ中のひとつに、『私はアントニオ猪木の朋友です』と書かれた看板がありました。何故かその言葉に妙に惹かれた私は、すかさずその店でマッサージしてもらう事を決意しました。しかーし、そのマッサージは、妙にアクロバティックで、とにかく痛い!のです。『痛いです・・・』と訴えるも空しく、『運動不足ですネ』『凝ってますネ』などと言い、全く、力を弱めてくれないのです。過去に受けた数々の素晴らしいマッサージタイムが頭の中を駆け巡りましたヨ。ホントに・・・。
ところが苦痛の1時間を終え店の外にでると、以外にもなんだかリフレッシュ。さすが朋友だわ!と気を取り直して、淡水河という、台北市と三重市の間を流れる川へ散歩に行きました。


d0033350_1505242.jpg対岸に見えるマンション群は、三重市になるのですが、どうやら、そこは台北に通学通勤する人達のベットタウンになっているようです。川沿いは、サイクリングロードになっていて、レンタサイクルの店もありました。さっきのマッサージで以外にも元気になった私たちは、調子にのってサイクリングをする事に・・・。このサイクリングロードは、街の喧騒から離れてホッと一息できる穴場(?)的ポイントでした。1時間400円の背もたれ付きの自転車を借りて(一番高級な自転車でした)、鼻歌を歌いながら自転車を漕ぎまくりました。しばらく漕いでいると、鳥の声に包まれるポイントがありました。そこで休憩していると、沢山の、本当に沢山のツバメが飛び交っていることに気が付きました。この声は、ツバメ!こんなに沢山のツバメを見たのははじめて。カンドウしましたよ~。ジーーーン。


d0033350_233880.jpgツバメが無数に飛び交う姿を撮影したつもりの画像です。夕方になってしまったのと、飛ぶのが早すぎて何も写っていませんでした。ガッカリ・・・。左の木にいくつか複数の巣があったようです。

そんなこんなで、3泊4日の旅はあっという間に終わってしまいましたが、美味しいものを食べ、足ツボマッサージ&アントニオ朋友のマッサージでリフレッシュし、ツバメの鳴き声に癒され、パワーアップ!張り切って来月は、ヨーロッパへ行ってきます。(今度は買付けデス)また、お休みをいただくことになりますが、沢山素敵なものを見つけて来たいと思っていますので、どうぞご期待くださいませ!詳細は、後日お知らせします。
[PR]
by co-button | 2006-03-21 02:11 | CO-あれこれ
ホリデーin台湾 3日目 夜市編
d0033350_16535486.jpg1つの通りに、沢山の食べ物やさんが、立ち並ぶ夜市。(日本の夏祭りの露店のような雰囲気です。)屋台の裏や脇にテーブル&イスなどがあり、そこで食べることも出来ます。どんな人が食べているのかウォッチングしてみると、結構1人で来て、何品か小皿の料理を頼んで、パッと食べてパッと帰るみたいな人が多かったです。あんまりカップルっぽい人は見なかったので、あんまりデートには使われていない模様。1品100円位から食べれるので、あれこれ挑戦してみました。
d0033350_16543111.jpg何を食べても美味しいのですが、とてもとても美味しかったのが、牡蠣のオムレツ!左の画像は、まさにそれを作っているトコロなのですが、トロミをつけてモッチリと仕上げてあり、絶品でした。他にも、実際に食べている人たちを見ていると、ここのお店の売りはこの品か!というのが分るので、地元の人の食べている姿を頼りに食べて行きました。『鶏肉飯』という、蒸した鶏肉をのっけたごはんに鶏の湯で汁としょうゆをかけたシンプルなご飯や、『貢丸湯』という、つみれ団子入りのスープなど、あっさりとしていて、優しい味で、最高でした。
d0033350_16544855.jpg←コレが噂の牡蠣のオムレツ!あ~また食べたいです。3泊では、台湾の夜市は食べつくせるものではありません。いっぱいのメニューがありすぎます!!という訳で、食材店へ行き、台湾ならではの調味料と麺などを買い込むことに。『この瓶の中の、コレ、スープに浮いてたのと一緒じゃない?』などと言いながら、カゴにじゃんじゃか入れて行きました。これで、引き続き、自宅で台湾料理が楽しめそうです。イヒヒ。ウチで友人と、台湾パーティーを開こうとかアレコレ考えていたら、どんどん楽しくなってきました。



(帰国後、台湾料理の本を探しに行ったのですが、コレという本が見つかりませんでした。どなたかお奨めの台湾料理の本を知っていたら、是非ご一報を!)
つづく。
[PR]
by co-button | 2006-03-18 17:21 | CO-あれこれ
ホリデーin 台湾 1~2日目
d0033350_2356083.jpgお休みを頂いて、3泊4日で台北へ行ってきました。台北は、夜市が楽しい(美味しい)と、誰もが口を揃えて言うので、それは是非行ってみたいと思っていたのです。行く前に、台湾まんぷくスクラップを購入しました。見ているだけで、おなかが減ってしまって大変!ですが、料理の紹介&読み方が書いてあるので、とても便利そう・・・。この本を1冊持って、いざ台北へ!
行きも帰りも、EVA航空のハローキティージェットに搭乗。この飛行機、凄いんですよ。ヘッドレストのカバーもキティーちゃんなら、機内食の食器の蓋なども、キティーちゃん。デザートもキティーちゃん型なのです。最終便だったので、ホテルへ到着したのは、24:00頃でしたが、セブンイレブンや、ファミマがそこら中にあるので、飲み物を買いに行ったりするのもラクチンでした。


到着の翌日は、1日市内観光に参加してみました。衛兵交代を見たり、故宮博物館に行ったり、寺院でお参りしたり、足ツボマッサージをしてもらったり、中正記念堂に行ったりと、台北の見所をギュギューっと見てまわりました。


d0033350_235763.jpg

d0033350_2358277.jpg

d0033350_09268.jpg夜は夜市へ。食いだおれるまでいくわよ~と意気込んで行ったものの、ハードなツアーでヘトヘトになり、2人でたったの2品しか食べれないという、意気込みとは裏腹の食欲・・・。でも、すご~く美味しかったです。だから良いのです。
手前は、『排骨麺』右側のお皿の豚肉を載せて食べます。奥は『酸ラー湯麺』酸っぱ辛いスープで具沢山の麺です。  

3日目へ続く・・・。
[PR]
by co-button | 2006-03-14 00:16 | CO-あれこれ
CO-休業のお知らせ
HPのトップページやメルマガでもお知らせさせて頂きましたが、3/8(水)~3/11(土)まで、休業させて頂きます。ご迷惑をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by co-button | 2006-03-07 22:42 | NEWS
春のアクセサリー制作
d0033350_2315776.jpgくりくり教室3回目、春のアクセサリー作り、本日終了しました。ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。クリアガラスのボタンを使用して、FELTATAの山下さんが考案してくださったブレスレットを制作しました。ガラスボタンを重ねたり、並べたりして、それぞれ個性のある作品が出来ました。

次回は、4/2(日)。 デザインユニット ナベカワさんが考案してくれる、図柄を元に、ウッドボタンにハンドペイントをしていきます。来月はもうまさに『春』ですね。みなさんとお会いできるのを楽しみにしております。
[PR]
by co-button | 2006-03-05 23:22 | くりくり教室
プラスティックボタン
d0033350_033237.jpg 今日は、CO-のサイトにプラスティックボタンを100点アップしました。左の画像は、100年程前のセルロイドボタンです。(中央はスチール)セルロイドと言うと、筆箱などを思い出しますが、それらとも、ちょっと雰囲気が異なります。
 セルロイドは、透明のものも作れたので、ガラスの代わりに使用されたり、転写プリントで柄を付けた物も作られていました。100年以上前、まだ、ドレスを着た人たちが町を歩いていた時代に、すでにプラスティック素材が作られていたことに、ちょびっと驚きます。(といっても、セルロイドは、樟脳を含んだ半合成樹脂で、完全な合成樹脂はベイクライトの誕生から・・・となりますが。)
 プラスティックの歴史は、ほかの素材に比べれば、歴史が浅いのですが、セルロイド・ベイクライト・ルーサイトなどのボタンは今では作られていないので、やっぱりその質感・色に惹かれてしまいます。
 プラスティックは、誕生以来、常に進化を続けてきました。その進化のスピードは、本当にすごいです。昨年、アメリカで、過去から現在に至るプラスティック素材のボタンの冊子が発行されました。セルロイド・ベイクライト・カゼイン・ルーサイト・アミノ樹脂・ポリスチレン・ポリエステル・ナイロン・高密度ポリエチレン・ポリマークレー・ABS樹脂などなど。一口にプラスティックと言っても、その種類は、とても多く、奥深い世界だなと思います。
 本日、更新したボタンは、主に1930年代〜60年代のものです。(これより前のものも後のものもありますが・・)現代には、ないプラスティックの魅力を発見して頂けたらうれしいです。
[PR]
by co-button | 2006-03-04 00:16 | CO-あれこれ
リング入荷のお知らせです。
d0033350_9105942.jpgCO-オリジナルリングSWITCHを、入荷しました。8・10・11・12・13・15号とCO-定番サイズが全て揃っています。(定番サイズ以外は、受注生産デス)ボタンを付替えて楽しめるシルバーリングです。
詳しくは、CO-のサイトをご覧下さいませ。 CO-
[PR]
by co-button | 2006-03-02 09:14 | CO-あれこれ