CO-店主のヴィンテージボタンや日々のあれこれ。
by co-button
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
CO- Antiques&Collectables
カテゴリ
全体
NEWS
CO-あれこれ
CO-買付け旅日記
くりくり教室
ボタンの歴史
ボタンの素材
ボタンの用語
ボタンあれこれ
以前の記事
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ボタンの素材( 12 )
ベイクライトのリアリスティックボタン
d0033350_0503789.jpg買い付け前の予告どおり、アメリカでは、ベイクライトとセルロイドのボタンを中心に、買い付けをしてきました。アメリカは、世界で一番ボタンコレクターの多い国なので、色々なボタンが集まっている場所でもありますが、その中でも、やっぱり、アメリカらしい!と感じてしまうのは、鮮やかな色のベイクライトと遊びココロ溢れるセルロイドのボタンではないでしょうか。CO-のボタン探しは、国別にテーマがあって(実は・・・って言う感じですが)、その国に行くと、熱狂的に、それらのボタンを集めて行きます。
アメリカで見つけたボタンは、どちらかと言うと、コレクター向けという感じですので、コレクターの皆さん、どうぞ、お楽しみに!(火曜日頃には、100点ほどアップの予定です。)
まだまだ、本当にまだまだ、4月に入荷したヨーロッパのボタンと、今回のアメリカのボタンがあり、沢山アップしたいのですが、ボタン展開催の為、6/27~8/1は、ボタンのコーナーを一旦全てクローズさせて頂きます。会期後、改めてアップの予定ですが、ぜひ、東京近郊の方は、是非ボタン展へ遊びにいらして下さい。HP未掲載のボタンも、お手にとってご覧頂けます。

今週は、イベント用のフリーペパーの制作や、準備にテンテコマイになりそうですが、楽しみながら、準備をしていきたいと思っています。DMをご希望の方は、CO-のサイトより、お申し込み下さいませ♪
[PR]
by co-button | 2006-06-19 01:04 | ボタンの素材
ボタンの素材 その他
Bone(骨)Horn(角)Ivory(象牙)Leather(革)Fabric(布)Bead(ビーズ)Rubber (ゴム)Ceramic(陶磁器)Enamel(七宝)Paste(人造ダイヤ)など


CO-のコメント
ボタンの素材にならないものなんてないのかも知れません!思いつく、ありとあらゆる素材でボタンが作られています。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:54 | ボタンの素材
ボタンの素材 木
d0033350_16512471.jpgWood
木製のボタン。現在でもボタンの素材として使用されている。



CO-のコメント
木製のボタンは、最も古いボタンの素材の1つです。18-19世紀には、実用的でシンプルな庶民向けのボタンが作られていたようです。20世紀には、ハンドペイントのキュートなボタンが多数作られています。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:53 | ボタンの素材
ボタンの素材 金属いろいろ
d0033350_16502925.jpgCoin(実際の硬貨や硬貨を真似たもの)Metal(金属)Brass(真鍮)Copper(銅)Pewter (すずを主成分とする合金)Steel (スチール)Tin (ぶりき)などがある。


CO-のコメント
画像のボタンは、イギリスの消防士用の制服のボタンです。火消し道具がモチーフとなっています。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:52 | ボタンの素材
ボタンの素材 シルバー
d0033350_16494965.jpgSilver
銀製のボタン全般。イギリスのシルバー製品には、全て、ホールマークが入っているので、認定された年代を知ることが出来る。


CO-のコメント
ホールマークは、スターリングシルバーである事を認定したマーク・その認定された年をしるしたアルファベットマーク・どの認定所で認定されたかを記すマークなどで構成されています。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:51 | ボタンの素材
ボタンの素材 貝
d0033350_16485558.jpgSHell
Mother of pearlと呼ばれる、蝶貝(白蝶貝・黒蝶貝・茶蝶貝など)をはじめ、高瀬貝などさまざまな種類の貝がボタンの素材として使われた。現在でもボタンの素材として使用されている。

CO-のコメント
自然が作り出す、美しい色・艶を楽しむなら、やっぱり貝です。手彫りの繊細な模様のものなどもあります。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:51 | ボタンの素材
ボタンの素材 ガラス
d0033350_16473975.jpgGlass
透明なClear Glassをはじめ、半透明のtranslucent Glass・不透明のOpaque Glassと呼ばれるものがある。現在でもボタンの素材として使用されている。

CO-のコメント
ガラスは割れやすいと言う欠点があるにもかかわらず、古くからボタンの素材として使用されていました。透明のボタン以外に、黒・青・赤・緑などなどの色ガラスでも作られています。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:49 | ボタンの素材
ボタンの素材  コロゾーナット(=ヴェジタブルアイボリー)
d0033350_16385988.jpgCorozo-Nut
タグア椰子の実で作られたボタン。1870-1930年代に、主に紳士服などに使われていた。


CO-のコメント
コロンとした実から作られたボタンです。このサンプル画像は皮も用いたデザインですが、通常は、乾燥させた後、皮をとり、型でデザインを施し、最後は手作業で作られていました。アイボリー色の実の色をそのまま使用したボタン以外に、染めたものが大量に作られています。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:41 | ボタンの素材
ボタンの素材 ルーサイト
d0033350_16375162.jpgLucite
ルーサイトは風防ガラスの代替品として1930年代に開発された。元々商標であるが、現在は、アクリルプラスティックの総称とされている。1960年以降、ボタンの素材としては使用されなくなる。

CO-のコメント
ルーサイトのボタンは、裏面に模様を入れたり、またその模様に着色しているものも多く見られます。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:40 | ボタンの素材
ボタンの素材 カゼイン
d0033350_16364263.jpgCasein
カゼインは、ミルクに含まれる蛋白質を原料に1900年頃にドイツで開発された。現在でも少量ではあるが、ボタンの素材として使用されている。


CO-のコメント
カゼインは、表面のみを染めたものが多く作られているので、カットすると中からクリーミーな色が姿をあらわします。優しい質感が、とても魅力的です。
[PR]
by co-button | 2005-04-23 16:38 | ボタンの素材