CO-店主のヴィンテージボタンや日々のあれこれ。
by co-button
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
CO- Antiques&Collectables
カテゴリ
全体
NEWS
CO-あれこれ
CO-買付け旅日記
くりくり教室
ボタンの歴史
ボタンの素材
ボタンの用語
ボタンあれこれ
以前の記事
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 04月
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ボタンあれこれ( 1 )
ユニフォームボタン その1
d0033350_127098.jpg古いボタンを探して、イギリスを歩いていると、様々な職業のユニフォームボタンを見つけることが出来ます。ミリタリーのボタンには、その時代時代の王冠+軍内での職種を表すデザインがあり、(左の写真は、空軍のボタンです。)ブリティッシュレイルのボタンは車輪、消防士のボタンは火消し道具がモチーフとなっているものもあります。ボタンから読む(見る?)職業というのもなかなか面白いので、まずは、何か連想して楽しむ→専門書で正解を確認という手順が好きです。

実は、ユニフォームボタンだけで、1冊の専門書があるほど・・・。マニアックなコレクターも多い世界ですが、私はもっぱら、気に入ったデザインのものを集めています。

d0033350_1273598.jpgイギリスでは、20世紀前半のユニフォームボタンには、真鍮製のものが多く、このような、ボタン磨きのプレートもありました。軍人さんは、常に真鍮をピカピカに磨いておく為に、制服に付いたボタンにこのプレートを通し、磨きあげたそうです。何かを大切にするための道具類、例えば、家具や靴の磨き粉が入っていたボトルやシューキーパー、タイプレスあたりも、かなり気になるコレクタブルなのですが、この、プレートには、かなりココロを揺さぶられます。磨くんだ、ボタンを・・・と。

ユニフォームボタン その2へ続く・・・かも。
[PR]
by co-button | 2006-01-19 01:38 | ボタンあれこれ